走行会!

サーキット走行会に参加するのに用意したほうが良いもの!

更新日:

サーキット走行会に参加するのに用意したほうが良いもの!

 

走行会に行くの用意したほうが良いものを今回は書いていこうと思います。

 

当然のことですが走るための車がいります!

 

当たり前か(笑)

 

初っ端からごめんなんさい。

 

それはさておきサーキット走行というのは普段街乗りではありえないような負担がかかります。 ちゃんとメンテしてからサーキットいってくださいね。

 

オイル関係やブレーキパっドのチェックぐらいしておきましょう!

 

 

最低限の工具ぐらいもっていったほうが良いでしょう。

思わぬクラッシュやトラブルのときに応急処置ぐらいできないと帰れなくなりますよ!

 

by カエレバ

 

私は車、イジるのに必要に応じて集めていきましたが基本セットはきちんと最初に揃えてしまったほうが収納や使いがっての面で楽でしたね。少し後悔しています。

 

工具は、できれば良いものをそろえたいところですね。

ホームセンターの安物とかだと足回りとかバラすとき硬いボルト緩めようとしてもしっかりかからずネジなめたり工具壊れたりして苦労します。

工具は、ケチらないほうが良いですね。

 

クロスレンチやフロアジャッキも必需品ですね。

特にドリフトする人ならタイヤ交換もしょっちゅうすることになるんで用意しておきましょう。

 

by カエレバ

 

 

 

タイヤの空気圧チェックのエアーゲージも用意したいところです。

私、お勧めのエアーゲージは、ホースがついたタイプです。

こんなやつです。

 

このホースがついたやつだと車にタイヤついたままの状態でのエアーチェックがとても楽です!

このタイプだと使えないわけでもないですがバルブの位置がおかしなところにくると綺麗に漏れなく差し込むのが難しくタイヤの空気圧チェックが面倒です。

 

高価なやつだと空気圧にたいする精度がよかったり耐久性も高い場合が多いですね。この辺はお好みでどうぞ。

 

by カエレバ

 

 

あとは、タイラップですね。バンパーとかクラッシュしたときに仮で止めたり何気に使うことよくあります。

 

あと車とは関係ないものですが折り畳みの椅子やタープ(折り畳み式テントみたいなやつ)があるとサーキットで待ち時間や休憩時間に快適にすごすことできます。

 

タープとはこんなやつです。

 

 

by カエレバ

 

 

タープあれば雨がふったときでも雨よけになりますし荷物濡らす心配もなくなります。

3メートルの大きさのものを選べばトランクの上にくるように設置できトランク開けても雨に中濡らさないなんて使い方もできます!

暑い日も日よけになりますし高級なタープだとサイドにシート張れる物もあり風の強い寒い日でも風よけになります。

 

ただタープ強風に弱く強風にあおられると倒れるときもあるのでしっかり固定だけしておきましょう。

 

 

備えあれば憂いなしと言いますししっかり準備して楽しくサーキットを楽しみましょう!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-走行会!
-, ,

Copyright© ドリフト好き!車好き! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.