リコール

トヨタ プリウスにリコールでましたね。

更新日:

プリウスにリコールでましたね!

 

プリウスにリコールでたんですね。 三菱の燃費偽装問題にくらべればたいした問題ではないでしょうけどプリウスのオーナーさんからしたら早急に対処しなければいけない問題ですもんね。

 

気になる対象車種ですが

 

2009年の3月から2015年2月までに製造されたトヨタ車になります。

 

車種としては

 

プリウス

プリウスPHV

プリウスα

SAI

レクサス CT200h

レクサス HS250h

 

トヨタ子会社のダイハツ メビウス

 

以上になります。

 

製造の期間 なかなか長いので対象車種多いですね。 海外輸出分も含めると対象車種は337万台になるとのこと!(海外輸出分もリコールに対応)

 

不具合としては燃料が漏れたり エアバッグの不具合が起きたりするそうです。

 

エアバッグの不具合としてはサイドエアバッグの強度に問題があり夏等の暑い日に車内が高温になると誤作動してエアバッグが作動することがあるとのこと!

 

トヨタはちゃんと車両の不具合を発見するとすぐにリコールするので良いですね。人の命に関わる部分とはいえリコールだすことによって会社としての純利益は当然、かなり下がってしまいます。

 

長い目でみれば 会社としての信用を考えれば当然の対応といえなくもないですが小さい会社だとリコールにともなう出費に耐えられないところもあるでしょう。

 

最近では、三菱ですね。三菱も普通の会社なら倒産してもおかしくないくらいのダメージを受けていますね。 三菱重工等の三菱としての母体が大きいのでまだ耐えていますが他のメーカーだったらどうなっていたでしょう?

 

日産も三菱の車を取り扱っていたことによりかなりの影響を受けていますね。

 

もうけっこう前ですがタカタのエアバッグ問題も、話題になりましたね。

 

240億の罰金、科せられたりしてネームも地におちて会社 つぶれるかと思ったのですが今はまだ踏ん張っていますね。

 

 

とりあえずリコールの対象となっている車両のオーナーさんは早めに対処しましょう!

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-リコール

Copyright© ドリフト好き!車好き! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.