ニュース

日光サーキットの事故について。

更新日:

日光サーキットの事故

 

少し前の話になりますがD1ストリートリーガルというドリフトの大会で事故が起こり人が亡くなってしまいましたね。

 

ニュースやワイドショーでも取り上げられていたのでご存じのかた多いかと思います。

ドリフトやっている人からすると衝撃的なニュースでした。

 

 

どうしてもモータースポーツというカテゴリーとして考えると危険と隣あわせなのかと感じてしまうかと思います。

 

大会運営として安全にたいする配慮が万全だったのかと言われれば結果として死亡事故が起きているのですから万全であったといえるものではなかったと言えます。

 

 

今回の事故が起こった問題点を考えるために今回の事故の起こった原因を管理人なりに考えてみようと思います。

 

 

「何故 事故が起こったか?」

9429277

今回の事故の顛末は、ホームストレートを走行中の参加車両のタイヤホイールが脱落し外れたタイヤホイールがそのまま数度バウンドしたままホームストレート正面、1コーナーの外にある関係者席へ向かい、そのままタイヤバリアと高さ約1mの防護コンクリートを飛び越えに関係者席にいた女性に直撃。

 

女性はすぐに救急車で病院に運ばれました。 その日の大会は中止に。

 

病院に運ばれた女性は後日、病院にて死亡。

 

 

さて、この状況から考えるに主な原因は二つ。

 

1 タイヤが外れたこと

 

外れたタイヤが人がいる場所まで飛んでいったこと

 

 

 

 

この二つが重なったことにより事故は起きています。

 

私、個人の意見ですが大事なのは2の「外れたタイヤが人がいる場所まで飛んでいったこと」

だと思います。

クラッシュでタイヤや車の破片が飛ぶことは十分考えられることです。 整備不良が原因だとしてもドリフトという車メーカーが想定していない走らせかたをしているのですから大会で独自の車検があるといっても限界があると思います。

 

 

ドリフトにメインで使われている車は古い車ばかりですしチューニング業界の進化により新しいパーツがでてきますが予想してもいなかった不具合が出たりもします。

 

F1でもGTでもドラッグレースでもタイヤが外れる事故を映像で見たことある人は多いと思います。

 

 

サーキットでの競技というのはそういう危険ととなりあわせだと思います。

 

今回の事故の問題は、不足の事態が起こった時に危険な場所に人がいたことに尽きると感じています!

 

 

関係者席をなぜ 危険な場所に設置したのか? 危険な場所に設置せざる負えないのだったらフェンスなどをなぜ設置しなかったのか?

 

私は この原因が一番だと思っています。

 

今回の関係者席が設置された場所も普段なら人が入れない場所に設置されていました。

 

正直な話、危険なのは日光サーキットだけの話ではないです。

 

私が行ったことあるサーキットでも日光の事故と同じようにタイヤが外れれば人がいる場所まで飛んでくる可能性のある場所はあります。

 

これは、改善していかなければいけない問題です。

 

 

 

今回の事故でのニュース報道には違和感を感じます

 

私もドリフトをする側の人間ですから世間のドリフトにたいする冷たい目は感じたことはあります。

しかし今回の事故の報道は違うんじゃないかと感じてます。

 

ネットやニュースでは車両の整備不良が原因だと報じられていたりしますがドリフトを毛嫌いしている人達の偏見やニュースとして視聴者にインパクトを与えるためのものだと感じています。

 

 

 

今回の事故は単独で走っていて起こってしまっていますがクラッシュによりタイヤが外れて人に直撃していたらどのような報道になっていたんでしょうね。

 

そういった場合だと サーキットの安全設備はどうだったのか?  大会運営に問題はなかったか?

 

こういった報道や議論になっていたはずです。

 

クラッシュではなくタイヤが外れたからなのか ドリフト車両だからなのか

 

私はなんだか違和感をすごい感じます。

 

 

最後に、亡くなった人のご冥福をお祈りしたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ニュース

Copyright© ドリフト好き!車好き! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.